スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッキーだよー

ウソだよー

旅に出るよー

またねー





どうしようもなく寂しくなって体が僕のことを求めて止まない時は、下のmore...をクリックしてみるといい




more...

スポンサーサイト

生きた

生きてました
空って素晴らしい
あんなにも優しく抱かれたのは初めてでした

DVDと写真のサービスも申し込んだのでちょっとだけうpします
顔とかはうpしないほうがいいと思い、好きなキャラクターに変えてますのでご了承ください


搭乗
なんか009みたいなスーツを着せられて、軽い説明を受けてセスナへ
結構適当です
この時点ではそんなに緊張してなかったです


離陸
離陸


セスナ
中はこんな感じで、自分を含めて8組ぐらいの寿司詰め状態
パラシュートがあるので逆にセスナの墜落は怖くなかったです
墜落してもパラシュで脱出できるぜ!みたいなタイプのやつです


ジャンプ
全員飛んでラストが僕でした
なんか心の準備とかさせて貰う暇もなく、みんなポンポン落とされていきました
インストラクターのグレッグが耳元で優しく「ワン、トゥー、スリー!」と囁くと同時に僕を突き飛ばします


モンモンモン
落ちた瞬間は漫画で強敵にしばかれて、ぶっとばされるシーンの様にグルングルン回ります
おもろいぐらいに「ウワーーーー!!」と叫んでるので口だけ素材のままうpしました
つの丸先生をイメージして

ドラゴンボール
最初は胸で腕を組まされるんですが、しばらくするとグレッグが「Boy!You can fly!」みたいなことを言うので思わず手を広げてしまいました
おそらくスカイダイビングをした日本人の97%以上がこの段階でドラゴンボールZのオープニング『CHA-LA HEAD-CHA-LA』が脳内で再生されたはずです
それぐらいに爽快です
鳥山明先生をイメージして

サラリーマン
しばらく落ち続けてついにグレッグがパラシュートに手を掛けます
お陰様でなんとか無事にパラシュートは開いてくれました
死ぬとしたらここでの失敗だろうと考えていたので、無事に開いた瞬間に涙と嗚咽が止まりませんでした
水木しげる先生をイメージして


降下
ここまで来るともう死の危険もあまり感じません
フワフワ漂ってゆっくり降りていきながら空にサヨナラを告げました

着陸
「着地の際は足を思いっきり上げるんだぜ?」って言われてたので思いっきりあげてたのに「ソウジャナイ、タッテクダサイ」と日本語で注意されました
イラッとしました



別れ
命の恩人であるグレッグとの楽しい時間もここまでのようです
一緒にいた時間は短かったけど、彼の笑顔を忘れることはないでしょう
固い握手を交わしながら黄金の腕毛ともお別れです
藤子・F・不二雄先生をイメージして


いやーこれを書きながら思い出してもかなり面白かったです
感想としては落ちてる間はあまり落ちてるぜー!って感じはしません
ほとんど周りの景色が変わらないのもあると思いますが、すごい向かい風の中浮いているって感じです

なんといっても気持ちが良かった、皆さんにも死ぬまでに1回挑戦してみて欲しいです

かもしれないダイブ

なんか知りませんが明日急遽スカイダイビングすることになりました
朝の7時に召集がかかっています
予定表によるとラリア時間の9時の所に『JUMP』と書かれています

明日皆さんが目覚める頃、僕は宙に浮いてるということになります
ただ、僕は今まで生きてきて何一つパラシュートのお世話になったことはありません
従ってパラシュートみたいなもんには一切の信頼を置いていない訳です

何が言いたいかと言うと、死ぬかもしれません

勿論インストラクターみたいな人と一緒に飛ぶので、基本的には安全だと思うのですが万が一、そのインストラクターのおっさんが「アナタハ ニホンジン。クジラ ヲ タベマス。パラシュート ハ オアズケダ。」みたいなことを言ってパラシュートを開かない可能性もあります

例えそんなことを言わない親日家だったとしても「キノウ テツヤ シマシタ。スゴク ネム・・イ・・・。」みたいなことにもなるかもしれません

ということで地面に『グチャッ!!!!!』となってしまったときに備えて一筆書いておこうと思います
僕が死んだっぽかったらこの文章をプリントアウトして実家のある奈良辺りにばら撒いて貰えると助かります


家族へ
父さん、母さん、兄さん、妹ちゃん、ぱっちゃん
今までどうもありがとう、こんな次男ですいません
何一つ親孝行を出来なかったのが心残りです
元気で暮らして欲しいと思います

友人へ
ごめんな、ろくでもない人間性でごめんな
すごい楽しかったです
社会の波に負けないで頑張れよー

AKB48へ
宮崎美穂ちゃん、高橋みなみちゃん、板野友美ちゃん、小野恵令奈ちゃん、宮澤佐江ちゃんへ
『涙サプライズ』のPV見ました、躍動感とスピード感があり、固い友情の絆を感じました
個人的には『BINGO!』のPVが好きです
秋元康が気に入らない時もあると思いますが、それぞれの夢に向かって頑張ってください

老師へ
自暴自棄になり『奈良の爆弾』という異名で暴れまわってた僕を更正してくれたのが老師でしたね
老師に教わった『一日30品目食べる』ということと『シャツはズボンにインする』ことはずっと忘れません
お年をお召しになったからといって、あの距離でテレビを見るのはやめてくださいね
ありがとうございました

4期オオギリストへ
とんでもない強豪ばかりだったけど、大体同じ時期に始めたということですごく皆さんの活躍が励みになりました
顔も見たことなければ、声も聞いたこともない、文章上だけの付き合いでしたが、それ以上のものを感じていました
まだまだ色んな企画に一緒に参加したかったです、お世話になりました

その他のオオギリストへ
まぁがんばって


という感じでしょうか
問題なければ明日も更新しようと思ってますが、更新なければ・・・・そういうことです

じゃーねー!!

まだ書く

どうもどうも、僕だよ
なんと本日3発目ということで、風俗嬢もウンザリしてしまう程の元気で頑張っていこうと思います

全然大喜利関係ないんですが、こないだシャワーを浴びてる時にふと思い出した話を書きます

あれはまだ大学に入学したての4月の後半だったと思います
なんかしらサークルに入ろうと思ってたんですが、何に対してもたいした興味が無くて悩んでたんです
そして考えた結果『太陽』と『おっぱい』をキーワードにサークルを見つけよう!と決心したんですね
その結果、屋外で日差しを浴びれる、その上女の子がたくさんいるということで、あまりにもベタなんですがテニスサークルに入ることにしました

ところが入ってみると同じ様なチープな考えを持ち合わせる男子生徒が山ほどいたんですね、結構な数の新入生が来てたんです
その上先輩方もびっくりするほど男前、ええ体ばっかりな訳です
そこで僕は考えました、「こんな男前、ダンディズムな奴らと真っ向からぶつかったら勝ち目は無い。何かしらで目立たないと俺に割り当てられるおっぱいは無いだろう」と

そして僕はなぜかサークル入った初日の自己紹介で「初めまして!村上孝弘です!俳優の柳葉敏郎とはいとこの関係になります」と訳の分からない嘘をついてしまいました

するとどうでしょう・・・

皆は「おお!スゲー!!」「ギバちゃんだ、ギバちゃんだー!」と騒ぎ始め、最終的には「大捜査線!大捜査線!室井!室井!」の大合唱になってしまいました
正直なんでこんなことを簡単に信じるのか分かりませんでしたが、作戦としては大成功です
僕もやめておけばいいのに「この話広まるとめんどくさいんで、内緒で・・・」と無駄にリアリティを付加してしまいました

その甲斐もあって他の新入生がまだ名前を覚えられてない時期に僕は「ギバちゃんのいとこ」として一躍大型新人に躍り出たのです
先輩にかわいがられ、女の子もたくさん寄ってきました

しかし、そんないい日々も長くは続きませんでした
周りの人があまりにギバちゃんの話を振ってくるのです、中には僕に向かって「ギバ!」と呼ぶ者もいました
頭にきました、その勢いで僕はついにパンドラの箱を開けてしまうのです

「ああ、あれ嘘に決まってるじゃないですか(笑)」

よく『引く』という表現が使われますが、まさにあの瞬間のことです
あんなに笑ってた皆の顔が一気に無表情になり、時間も止まったように誰一人動くことすらしないのです
最終的にサークルの一番えらい人からの「ありえへん」という言葉を受けて僕はこのサークルを後にしました


心に傷を負った青年はその傷を癒す為にテレクラに通い始めるのだが、それはまた、別の、話・・・



今日2回目

どうも、僕だよ
このブログ始まった回以来の1日2回更新です
さっきの内容がしょうもなかったので追記という形で書けばよかったんですが、せっかく12月ですし2回目の更新に踏み切ることにしました

言わなあかんことがありました
先日楽器板にも書いたのですが、これからは板対抗の結果は基本的にその対抗戦に参加した板のチームの方にwikiへの転載をお願いしたいと考えています
その方がタイムリーに結果も更新されるだろうということで申し訳ありませんが、よろしくお願いします

ただそうなるとどっちのチームの誰が貼るんだ、ということになってきそうです
「俺、やってもいいぜ!」とか「あたし、実はこういうの得意なの・・・」という方、もしくは姉が2人の3人兄弟の末っ子タイプの優しい性格の方にぜひお願いしたいです
結果の編集はそんな難しいことじゃないですし、個人的には負けたチームのペナルティにしても面白いと思います

あとそれに伴ってですが、対戦中の集計とかどうしたらええでしょうかね?
こないだ狼板に「挑戦してくる板は狼軍とお前らの板の結果を集計して貼っていけやゴラァ!!!」という意見があったんですが、個人的にはちょっと厳しすぎるかなーと思います

楽器板として2回狼と対戦させて頂いたんですが、1回戦の結果出た瞬間に狼軍を上から3人を集計して、自軍の楽器板を集計して、狼と楽器に書き込んでってしてると2回戦目の投稿の残り時間が『1分52秒』とかになるんですよね
これは僕の手際が悪いというのもあるんでしょうけど、かなりのタイムロスになってしまうことは間違いないと思います

確かに「お前ら俺等を誰やと思っとんねん!狼板やぞボケェ!なんで集計せなアカンのんじゃいコラ!!」という気持ちも分かるんですが、自軍は自軍で結果をまとめるというのが一番スムーズに進行できるんじゃないかなと思っています
この人は@以降付いてないけどウチのチームという判断もつきやすいですよね
そして、自軍は自軍で結果をまとめるという前提で個人的にいいな、と思った案なんですが、

挑戦する板は対戦を申し込む際に自分達のスレのリンクを相手の板に貼る

ってどうでしょうかね?
そのリンクに飛ぶと、それぞれの板では集計もされてる訳ですし、わざわざ相手のスレに結果を貼らなくても簡単にお互いの結果を確認できるんですよね

今最も使用されてる『各板上位3人を集計』というルールだと、毎回全員の集計をする必要はないでしょうから狼板や喪板といった大所帯の板も対戦中とりあえずは上位3人だけをまとめるようにすると集計する人の負担も減らせそうです

まぁこの辺それぞれの板のやり方がありますし、やりながら一番しっくりくるのを見つけていければいいと思います
フラッグはあくまでも板対抗の復活、少しでもあの興奮を共有したいというのが最大の目的なのでそれさえ揺らがなければあとはふわふわしててもいいのかな、そんな風に思う蒸し暑いラリアでの夕方でした

12月ですって

12月生まれの人おめでとう!
ブログって何書けばいいか忘れたよ!
熱帯夜で眠れないよ!
プロフィール

バーニー畑

Author:バーニー畑
プリンって甘くておいしい!

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
rain shininig
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。