スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE HIV 前編

それは時を遡ること1年。
まだ蒸し暑さの残る2013年の9月の出来事だった。


~中州の学園系ファッションヘルスにて~

俺「自分あんなちゃんて言うん?めっちゃかわええな!ちんちん触って!」

あんな「そんなことないです、かわいくないですよ!」

俺「いやいやかわええって!ほんで早よちんちん触って!」

二人「ハッハッハ!(笑)」

久々の風俗店。
フリーでの入店にも関わらず当たりの女の子を引き当て、俺は非常に満足していた。
そして時間は進みシャワー、そしてベッドでのプレイへ・・・

俺「あかん、このローションむっちゃ気持ちええわ・・・高いやつ?(光悦の表情)」

あんな「知らない!たぶん普通の。(体を密着させながら)」

俺「あーたまらん、あんなちゃん・・・?(目をじっと見て小声で)」

あんな「ん?(体を密着させながら)」

俺「本番やらして・・・・(吐き捨てるように)」

あんな「あかーん!(なぜか関西弁で拒絶というよりも困惑の表情)」

俺「ほんまにお願い。店長に黙っとくから!(言えばお前が出禁になるのに)」

あんな「あ、あかーん・・・(なぜか引き続き関西弁だが明らかに迷い始めている)」

俺「なっ?なっ?(もはや意味不明)」

あんな「んー・・・(ほぼイケる返答。まだ許可はしていない)」

俺「あんなちゃんはほんま優しいな(ちんちんを挿入しながら)」

パンパンパンパンッ

こうして俺は生本番という禁断の果実に手を出してしまった。
それが神の怒りをかってしまったと分かるのは、たった数日後のことだった。


2日後・・・俺は38度の熱にうなされていた・・・
別段体調を崩すような事に心当たりはなかったが、俺のダラリと伸びきったちんちんだけは、何かをしっているような顔、いや亀頭をしていた。
そして遅れて俺にも一つの頭文字(イニシャル)が思い浮かんだ。

H   I   V

そしてこの日から一年、ノイローゼとも呼べる苦悩との戦いが始まるのであった。
スポンサーサイト
プロフィール

バーニー畑

Author:バーニー畑
プリンって甘くておいしい!

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
rain shininig
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。