スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺が歌のおにいさんになるまで ~その1~

どうもこんにちわ。僕は、見てる人がいつ見てるか分からないので「おはようございます、こんにちわ、こんばんわ」と全ての挨拶を同時にする人が嫌いです。赤い人ごめんなさい・・・。
そんなことはどうでもいいんです。
突然ですが、僕には夢があります。
正式に言うと夢がありました。

歌のおにいさんになりたい。

皆さんも一度は目にしたことがあるでしょう、NHK教育チャンネルでやってる幼児向け番組で白い歯を剥きだして半袖着て笑顔丸出しで歌っているあいつです。
僕でいうと、「おかあさんといっしょ」というじゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりなどが出てた番組が直撃の世代なんですが、幼心にあの番組を見ながら「あっ、この人かっこいい!いちいち歌って楽しそう!何より横にべっぴんの女をはべらして羨ましい!」と思ったものです。


いつしかそれは夢となり、僕はピアノの教室に通ったり、幼稚園のお遊戯では入念なリハーサルを済ませて参加するといったように夢に向けて一歩一歩、歩みを進めました。
しかしそんな純粋な夢は時を経て現実という壁にぶち当たり、進学、就職といった人生の波に流されていつしか見えない程の沖に消えていきました。


それで良かったんです。
僕は父の後を継ぎ、将来2800人の社員を擁する企業のトップに立たなければならない身。
それは、僕がこの世に生を受け、産声をあげる前に既に決まっていたことです。
見知らぬ乳臭いベイベー達に囲まれて、「♪慌てたアヒルがアッー!」などと歌っている場合ではないのです。
売り上げ、利益、それだけを追い続けなければならないのです。

自分では、そう理解して納得しているつもりでした。

ところが、です。
今日、仕事をさぼって家でNHK教育を見ていたときでした。
欠かさず見ている「えいごであそぼ」が終わり、そろそろ仕事に戻るかどうか悩んでいると、「おかあさんといっしょ」が始まったのです。
(今思うと、この時にすぐテレビを消して仕事に戻るべきだった。余談ですが、最近のえいごであそぼは100パー英語のみで話すので、インターナショナルスクール通っている奴以外はお断り!的雰囲気がして嫌いです。)

「ほぅ、セットの色遣いもカラフルながら五月蝿くない。ブロックなどの遊具も角を丸く削っていて安全にも気を遣っている。いい番組じゃないか、少し見てみよう。」と少し興味を持ってしまったのです。

「ソレ」が出てくるのは分かっていたはずなのに。

その数秒後です。
部屋の片隅のPanasonic製65インチのビエラから、沖に流されたはずのアレが、あいつが目に飛び込んできたのです。

「こいつはっ・・うたの・・おにっ・・・!!」

瞬間、声が出ません
鼓動が、自分の鼓動だけが大きく鳴り響くのが分かります。

ドクンっ・・・ドクン・・・
半袖!
ドクッ・・ドクッ・・ドクッ・・
白い歯!
ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!ドッ!
横にええ女!

キィーーーーーーーーン

僕の脳裏にあの日の自分がフラッシュバックします。
足が震え始めました、痙攣です!
目の黒い部分が瞼の裏に隠れました、白目です!
スーツの股間部分にジワジワとシミが広がっていきます、失禁です!

僕は思い出してしまったのです。
あの純粋だった頃の気持ちを、まだ世間に擦れていなかった澄んだ瞳を。


そして僕は決意しました。
今からでも歌のお兄さんを目指す。
なぜなら俺は、歌のお兄さんになりたいから・・・・


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

バーニー畑

Author:バーニー畑
プリンって甘くておいしい!

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
rain shininig
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。